papico's Art

版画作品と学びの記録

銅版画のインクを買った話

この記事をシェアする

最近、版画教室みたいな所から版画工房に移ったので、自分で銅版画のインクを購入しました。
以前は教室のインクを使ってて、何も刷らなくても強制的に「インク代」として毎月定額支払ってたけど、今は使う分だけ自分で用意する。絶対その方が自分には合ってる。

春蔵の銅版画インク

シャルボネールも気になったけど、料金が比較的安そうな春蔵(はるぞう)のインクにしてみた。それぞれ1,000円前後。

銅版画インク赤、青、黄、セピア

ブラックだけ持ってるので、とりあえずバーミリオンレッド、スカイブルー、レモン、セピアの4色。当分はこれで十分でしょう。混色すれば色増やせるし。苦手だけど。


自分用のインクがあると、なんかすごく嬉しいかも。
モノトーンな感じでアクセントに黄色がちょっと入ってる、みたいな絵が好きなので、そんな感じのを作りたいなぁ。頑張ろう。新しい画材を買うとやる気がモチベーションが上がる気がする。


マーブリング・デコセット

マーブリング・デコセット
銅版画インクだけだと送料かかるし、前から気になってたマーブリングセットも一緒に買いました。

実はあまりよくわかってないけど、紙とか石とか革とか、いろんなものにマーブル模様を付けられるらしい。半分遊びみたいなもんですね。楽しそう。


楽天でも売ってます。



後日マーブリングやる予定なので、またその様子をブログに載せるつもりです。