papico's Art

版画作品と学びの記録

環境を少し変えたら居心地が良くなった・デッサン教室にて

この記事をシェアする

f:id:papico405:20190607081646j:plain
何ヶ月か前から、月に4回ほどデッサン教室に通ってます。
曜日ごとに先生が変わる(選べる)のですが、習慣的なものがあり、毎週決まった曜日に行ってました。

最初のクラスは、先生がちょっと厳しめで、いつも黙々と描いてました。
「家で描いたのもみてあげる」と言われたので、意外とよく描けたかも?という自分なりの自信作を持参。

が、ボロクソに言われてしまい・・
まあ、確かに。な指摘だったのですが、初心者相手にそこまで言うか?と、結構凹みました。

あまりに言われるので、「まだ、そこまで教えられてないです」って反発してしまい、先生の方も「教えられてない以前に、対象をちゃんとみてないから、こういう描き方になる」とバッサリ。

キツイ・・・
行こうと思っても、足が動かず、しばらく行くの止めました。

違う曜日に変えた

月謝がもったいないので、違う曜日に行くことに。
先生はこの前よりは厳しくない、良いかも!

ところが、今度は生徒の年齢層が高すぎて、つまらない。
60代以上の人が大半で、ずっと釣りの話とか喋ってる。いつ絵を描くんだ?
場の雰囲気がちょっと微妙。


またまた違う曜日に変えた

そして、また曜日を変えました。
今度こそあたり!!先生との相性も良さそうな気がするし、他の受講生も年が近そうな人がいて、休憩のとき話したらすごく楽しい♪

デッサン教室なので、デッサンが上達することが目標だし、他人なんか関係ないって見方も、もちろんあると思います。
ただ、私の場合は、知り合いとか話せる人がいた方がやる気上がるタイプなので、今の環境になって良かったです。楽しく通えることって大切。

環境を変えると良くなることもある

最初の先生に厳しく教えてもらった方が、上達は早いだろうけど、メンタルが弱い私には耐えられそうもありません。

今回はデッサン教室でしたが、今までも職場を変えたり、付き合う人を変えたりしてきました。
ガラッと変えたければ、引っ越しもアリですね。やっぱり自分にあった環境って大事だし、必ずそういう場所がある気がします。

簡単に変えられないことも多いけど、ちょっとしたことから変えてみるのも良いかなと思ってます。
最近、ファッションがマンネリ化してる気がするから、服を買う店ちょっと変えようかな?